MU奇跡の大地

MU奇跡の大地 MU奇跡の大地は、世界各国100以上のエリアで展開され5~600万人がプレイした実績のあるタイトル。マウス中心の簡単な操作が売りのMMORPGなので、公式サイトで公開されている説明書を読まずとも、感覚的に進める事ができるわかり易さが最大の魅力です。


MU奇跡の大地 グラフィック自体は最新ゲームと比べると見劣りしますが、 武器,防具類の色彩の変化によって自分自身で作れる、光り輝く武具やそれを演出するエフェクトなどの武器成長システムが秀逸。そのパターンには10万を超える組み合わせがあるなど着せ替え要素も多彩です。

MUの最大の特徴は、開催期間が決められた大規模クエストにあり、小規模お使い系などのクエストが無い代わりに、他のプレイヤーと協力、敵対しながら進める多数のクエストが絶大な人気を誇っています。

MU奇跡の大地 多人数参加型クエストを紹介
■制限時間内を戦い続けるデビルスクエアでは、画面の限界までにも無限に発生するモンスターの攻撃に生き残れれば「ハイランダ-」の称号と多大な報酬を得ることが出来ます。

■達成型のクエストのブラッドキャッスルでは、強奪された武器を求めて、クンドン親衛隊との激しい死闘の中から、究極の武器を取り戻し無事に生還するのが最大の使命です。2つのパーティーによる壮絶な奪い合いを行うこともできるのが醍醐味になります。

■カオスキャッスルでは、儀式に進入し阻止することが目的で、自分以外はすべて敵、という壮絶な生き残りをかけての戦いに挑みます。PCとプレイヤーの区別が付かないため友達と連携もとれず、純粋なバトルロワイアルが楽しめます。

■クライウルフでは、激しい攻防戦を他のプレーヤーと手をくみ、要塞の陥落を阻止したり、ミューワールドでは、最大1000名以上のプレーヤーが「ロレン峡谷の城」の王座をかけて、覇権をきそいます。

その他にも参加プレイヤー全員対モンスター軍団の攻防戦や、ゲームの中でサッカーをするバトルサッカー戦など、イベントも盛りだくさんです。


動作環境
Windows 2000、XP
PentiumIII 550MHz以上
メモリ 256MB以上
HDD 3GB以上の空き容量
グラフィック VRAM 32MB以上
ネットワーク 56kbps以上
DirectX 8.1a以上

カテゴリ:低スペック(2D)

※左欄のタグ一覧からMU奇跡の大地に含まれるタグがあればコメントで教えてください。

レビューありがとう!

  1. 匿名 より:

    ■良いところ
    何も考えずにボケ~っと狩れる
    今のPCならサクサク動作する

    ■悪いところ
    普通の狩りは脳死ゲーって呼ばれるほど単調

    ■何時間ぐらい遊んだ?
    2年弱

    ■課金について
    ワープ課金は必須
    無課金は頑張ってもレベル100までかな

    ■総合評価
    ゲームに慣れてないような大人とかこれが初めてのネトゲって人が多いからまったりしてる
    きつい狩場以外ならチャットしながら狩りできるから交流重視の人にはいいかも
    ソロは社畜の癒やしゲーぐらいにしかつかえん

  2. 匿名 より:

    ■良いところ
    定点狩りはボーっとしながらダラダラ遊べる
    時間ごとのクエストまでチャットして時間つぶしするのが楽しい

    ■悪いところ
    ぶっちゃけマゾゲー

    ■何時間ぐらい遊んだ?
    ほぼ毎日2年ぐらい

    ■課金について
    無いとまともに遊べない「狩場までのワープ」が課金だから無課金はむりだと思う

    ■総合評価
    ゲーム自体は大して面白くないけどフレンドに恵まれたお陰で楽しめました
    基本無料になってほどなく引退

MU奇跡の大地のレビューや感想を書く

※遊んだMMOの感想なら短文でも全然OK。
※テンプレートは書きやすいように自由に改変してください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ